外国人向けのクレジットカード、作る時の基本的な流れ

私の友人(アメリカ人)は、いわゆる商社マンで、
しょっちゅう国外に飛ばされます(笑)

特に日本には仕事で来て、しばらく滞在することが多いのですが、
彼のような、日本に籍を置いていない人でも
カードを作ることはできるそうですね!

いや、日本円ってどうも使いなれないらしくて…

買い物の時、カードでサッと支払えるんだから
日本でもカードを作ったら?とすすめようかと思ってたとこなんです。

というわけで、彼が日本で

クレジットカードを作るにはどうしたらいいのか? 

という基本的な流れを
簡単にまとめてみました。

カード会社によって多少の違いはあるかもしれないけど、
だいたい同じじゃないかな?

①インターネット申し込み
②申しこみ確認の電話
③審査結果メール到着
④カード受け取り

受け取りの方法は二種類あるそうです。
郵送か、来店です。

クレジットカード 外国人

来店だと最短即日発行といって、すぐに受け取ることができます。
その時は在留カードや特別永住者証明書、
外国人登録証明書が必須だそうですね。

外国人だからといって審査が厳しいのでは…と、
ちょっと心配にはなったのですが
一定の収入があるならば、日本の方が審査を受けるのと
あんまり変わらないらしいので
そんなに気構えなくてもいいのかも。

他に心配事項があるとしたら、言語の壁ですかね…。
彼は日本でよく仕事をするので日本語に不自由はしていませんが
日本にお住みの外国の方で、
日本語がいまだに苦手な人は多いはずです。
でも、カード会社の方で通訳も完備してくれているそうですよ!

最後に、嬉しい誤算もありました。
日本で作ったクレジットカードが国外でも使えるらしいんです!
うーん、日本、やるでしょう(笑)

というわけで、その彼にカードをさっそくすすめてみようと思います!

れんげ