留学生向けのクレジットカード、もう一枚のクレジットカード

来年、娘がオーストラリアに短期留学することになっていまして。

本人にとっても親にとっても初めてのことなので、用意その他、 心配も含めて頭の中はいっぱいなのですが、 一番の気がかりが矢張りおの管理。

調べてきて分かってきたことは、現金の持ち歩きは最小限度にとどめて、 クレジットカードを活用させることがベストということが、 本人の身分証明であることも含めて、 こちら以上に必要だということでした。

とはいえ、所得の無い学生なので、父親のカードの家族会員としてしか 考えられなかったのが、今は留学生向けのクレジットカードが ちゃんと幾つか出されていました。

個人名義で所持することができて、心配される利用限度額は 海外での緊急な出費にも十分対応できるように どこも高めな設定になっているので、ひとまず安心というところです。

i786

しかしそのあたりのお金に関することは娘も詳しかったのです。以前に消費者金融でお金を借りたこともあるそうで、昔のイメージとは少し違うようですね。

学生でもちゃんと消費者金融の審査を受けて、借りることができそうです。簡単に借りれるのは、親として心配ですが、その辺はしっかりできているようで安心しました。

留学についてですが、クレジットカードの種類には、主に国内向けと 大体どこの国でも対応できる海外向けとがあるので、 見分けておくことが大事だということがわかりました。

もう一つの大事なポイントは、アクシデント時の対応用に、 クレジットカードは複数持っている方が良いというのが、 体験談にありました。

当人が紛失しないまでも、盗難やスリなどのアクシデントに 備えておきたいところですから。 お財布以外の場所に保管しておくもう一枚を 念のために用意しておくことも必要のようです。

まだ少し余裕があるので、海外で当人が分かり易く、 一番使いやすいものをもう少し調べて、できるだけ抜かりの無いように 準備をしようと思っているところです。

 

 

外国人向けのクレジットカード、作る時の基本的な流れ

私の友人(アメリカ人)は、いわゆる商社マンで、
しょっちゅう国外に飛ばされます(笑)

特に日本には仕事で来て、しばらく滞在することが多いのですが、
彼のような、日本に籍を置いていない人でも
カードを作ることはできるそうですね!

いや、日本円ってどうも使いなれないらしくて…

買い物の時、カードでサッと支払えるんだから
日本でもカードを作ったら?とすすめようかと思ってたとこなんです。

というわけで、彼が日本で

クレジットカードを作るにはどうしたらいいのか? 

という基本的な流れを
簡単にまとめてみました。

カード会社によって多少の違いはあるかもしれないけど、
だいたい同じじゃないかな?

①インターネット申し込み
②申しこみ確認の電話
③審査結果メール到着
④カード受け取り

受け取りの方法は二種類あるそうです。
郵送か、来店です。

クレジットカード 外国人

来店だと最短即日発行といって、すぐに受け取ることができます。
その時は在留カードや特別永住者証明書、
外国人登録証明書が必須だそうですね。

外国人だからといって審査が厳しいのでは…と、
ちょっと心配にはなったのですが
一定の収入があるならば、日本の方が審査を受けるのと
あんまり変わらないらしいので
そんなに気構えなくてもいいのかも。

他に心配事項があるとしたら、言語の壁ですかね…。
彼は日本でよく仕事をするので日本語に不自由はしていませんが
日本にお住みの外国の方で、
日本語がいまだに苦手な人は多いはずです。
でも、カード会社の方で通訳も完備してくれているそうですよ!

最後に、嬉しい誤算もありました。
日本で作ったクレジットカードが国外でも使えるらしいんです!
うーん、日本、やるでしょう(笑)

というわけで、その彼にカードをさっそくすすめてみようと思います!

れんげ

 

アコムマスターカード ~親身な審査でパートOK!~

アコムマスターカード ~親身な審査でパートOK!~
近々、カードを作りたいと思っています。

でも、カードをいろんなところで作りすぎて、
お財布がパンパンって人、たまに見かけます。

ダメってわけではないけれど、できればカードは
少なめで済ませたいというのが本音ですよね。

あまり多くても把握しきれなさそうですし、
お財布も痛みそうですし、

何より、デキる人って、そういうのを
スマートに済ませられるイメージですしね。

というわけで私は、これ一枚!
これがあれば何でもOK!というカードが欲しいのです。

そんな時、知人から“アコムマスターカード”を
オススメされたのでした。

その理由は、クレジットカードとしても使えて、
キャッシングもできて
もちろんマスターカードでもあるから!らしいのですが。

確かに3種類のカードの特徴を備えているのは分かるし、
すごいのだけれど
実はそれぞれがどう違うのかが分からなかったりしますよね…(笑)

というわけで、どう違うのかを簡単にまとめてみると、

マスターカード
クレジットカードの国際ブランド
つまり海外で使えるというわけですね。

クレジットカード
商品を購入する際、決済手段として
使用できるカードのこと。

キャッシング
ATMなどを使ってお金を借りることですね。

これら3つの機能がこれ一枚で済むというのは、確かに驚きです!

このカードがあれば、たとえば海外でお金が足りなくなったとか、
今月の生活費が苦しくなったとかの金銭的なトラブルは
ほとんど回避できるんじゃないかな…。

ちなみに、アコムさんは審査が通りやすいことで有名らしく、
他社の審査で断られた方がアコムで
マスターカードを作ることができた、というのも
調べていてよく聞いた話でしたね。

これ一枚で済むだけでなく、
審査が通りやすくて
作りやすいクレジットカードでもあるとは。
業界最大手は伊達じゃありませんね!

 

アコムマスターカード、アルバイトでも大丈夫

 

カード払いが一般的になっているとはいえ、なかなかクレジットカードを単独で持つことが難しいのが、大学生や主婦、フリーターなどなんですね。

アルバイトをしていても、不定期収入とか、収入額が一定額に達しないなど、条件に合わない点が多く個人でクレジットカードを持つのは厳しい情況ですね。

先日、甥が遊びに来た時、PCやスマホなどで、ネットショッピングやインターネットオークションで必要なものを買っている、という話しになったのです。

ネットショッピング自体は今どきの話しなので、驚きはしなかったのですが、支払いはどうしているのか聞いてみたところ、アコムマスターカードを使っているというのです。’アコム’と聞いて、”ンッ!?”と思ったのですが、良く聞いてみると、

審査に厳しくはなく、アルバイトをしている彼は、即日で作ることができたと言っていました。後で調べてみたのですが、

アコムマスターカードは、三菱UFJフィナンシャルが親会社で、消費者金融アコムが発行するマスターカードブランドのクレジットカードでした。大手消費者金融というのは行政の監視が厳しいということ。この点で、一つ安心感を得ました。マスターカードのクレジット機能と長年のカードローン事業のノウハウとが一緒になったカード。

クレジット機能とキャッシング機能を使えて、審査が柔軟。気軽に作れて、便利に使えるカードのようです。甥は親と一緒に居るので必要ないのですが、他の便利な点として、利用者のコメントにありました。

アコムマスターカードを引き落としに利用した場合、うっかり振り込んでおくのを忘れていても、補っておいてくれるので、失敗を避けることができたということでした。